キュボロの話

我が家の生活のかなり中心的なところに存在していて
しつこいほどにブログなどに登場して申し訳ないのですが・・・
色々とある「玉の道」と呼ばれるおもちゃの中でキュボロを選んだのも、
そういえば省スペースもかなり意識してのことでした。

キュボロは一辺5cmの立方体でできていて、それを縦に、横に並べ
掘ってある溝の道を繋げて玉の道を作るというおもちゃなのですが、
同じような種類のおもちゃの中で、これが一番スペースを取らないです。
比較参考 

小さな立方体の集まりなので、四角い箱に無駄なく収納でき、
コンパクトになるので、スペースの心配も少ないです。
あと、適当に積んでおくだけでも絵になるので、インテリアを兼ねても。
そして、他のおもちゃと違う最大のメリットは
机の上でも組めるという点でした。
せっかくいい作品を作っても、残しておくスペースがない、
製作途中で食事時間などになった場合、一々片付けさせるのは不憫、などあり、
小さなテーブルの上でも遊べて、しばらく残せるという事が結構重要でした。

おもちゃを選ぶ時、本当は子どもの意見を一番尊重するのがいいと思うのですが
(キュボロは偶然ゆうともとても気に入って購入しました)
おもちゃって場所を取るので、ストレスなく遊ぶスペースや片付けの事も考えて選びたい。
子どもの気持ちと、折り合いをつけていきたいところです。

b0124385_228418.jpg
[PR]
by small_space_style | 2008-03-20 02:27
<< テーブル 我が家にないもの >>