<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本を手に取る

ゆうとの事ですが、
読み聞かせ(本人も好き)をしているわりには、といいますか
自ら本を手に取って読む事がないので、
夏休みの宿題で読書もあることですし、
かといって「読みなさい」と言うのが私もどうしても嫌なので
(読みたくもない本を強制的に薦められるのは私だって嫌)
手に取れるような環境を作ってみようかと思いました。

何しろスペースがないので、立派な本棚を置くこともできず、
拾い物に近いくらいのワイン箱と、
IKEAで購入した1000円くらいのオーガナイザーを置いただけの
即席の本棚ですが、こちらに表紙が向くようになっているので、
視覚的にも興味を持ってもらえるのではないかと目論んでいます。
私の読みかけの本、これから読みたい本を一緒に置いています。
私も忘れずに、少しの時間を有効に使って読めるかなーと。

少しずつ改良をしながら、インテリアに本を増やしていきたいなと思います。

b0124385_23333423.jpg
[PR]
by small_space_style | 2008-07-31 23:33

洋服収納

b0124385_113542.jpg


世間的に「お洗濯は好きだけど、たたんでしまうのは好きじゃない」という方が多いようですが、
私も同じです。この方法にしてから家事の時間がぐんと減りました。
そして、自分に向いている収納方法だと感じています。

壁面に、たたんでしまう系の洋服をひとまとめに収納しようという話になって
tomo と2人で色々と考えました。
狭いので大きな家具を増やしたくないけれども、収納できるだけの量は最低限欲しい。
(ギュウギュウに詰め込まなくて済む程度のスペースということです)
ゆうとが1人でも片付けやすいこと、
時間や手間がかからない方法で片付けられること。
家具や収納用品も見たのですが、引き出し式はしまうのが面倒だろうという事になって、
オープンな棚に積もうということに決定。
でも、ショップみたいにレイアウトしたり、空間を使った収納はスペース的に無理なので
圧迫感がなく、機能的であることを考え、余計な装飾は必要ないと思い、
一生このままという気持ちもないので、安価なカラーボックスを使うことに。
カラーボックスも、同じ物を連続して並べると、いかにも感は薄れる気がします。

ニトリのカラーボックス、ひとつ1000円弱。
小さな小物は引き出しが良いのと、見た目を少しでも美しくしようと、
同じくニトリのカラーボックス用の引き出しを小6つ、大3つ購入して、
ホコリのこともあるのと、使いやすいと思って下の方に設置しました。
ここでも引き出しは連続する配置にして、見た目も少し考えました。
倒れてこないように、上下連結し、壁にも固定しました。

 カラーボックスはメーカーによってサイズに違いがあるそうです。
 ということは、引き出しなども、同じ規格で揃えないと合わなくなる可能性があるそうです。


一番左がゆうと、真ん中が私、右がtomo と、基本的に縦に一列所有し、
それぞれ大体自分で管理しています。
ゆうとのところは私が様子を見ながら、ですが。
持つ量は棚に入るだけとし、入らなくなってきた、余裕がなくなってきたら
すぐに見直しをしています。

■メリット

 ● とにかく片付けやすい
   畳んだら重ねるだけでしまえます。

 ● 見やすい、選びやすい
   一覧できるので、コーディネイトしやすく、持っている洋服が一目で把握できます。
   これ以上増やさない、という管理もしやすいです。

 ● 子どもでも扱いやすい
   お手伝いしてくれます。

 ● 無駄なスペースを取らない
   収納として、最大限無駄がない。

 ● 風通しが良い
   特に防虫剤など不要かなと思っているのですが、これについては知識不足で
   まだちょっとわからないところです。

 ● 洗濯したら上に重ねて、着る時は抜き出しても、また上に積まれることで
   着る頻度の低いものは自然に下の方へ。
   下の方の洋服は不要とみなすきっかけになり、見直しも一目瞭然で
   時間をかけずに整理できます。

■デメリット

 ● オープンなので、常に片づけが必要

あと、手前に1人1つずつ、かごを置きました。洋服の一時置き、パジャマ入れとして
少し着ただけのものを棚にはしまえないし、洗濯もまだ…というような時に使っています。
これはとても重宝しています。
[PR]
by small_space_style | 2008-07-19 11:03

ご無沙汰です。

b0124385_1361850.jpg

ミシンをしている引き出し、以前は飾るように、空間を開けてレイアウトしたりしてたのですが
作業机の引き出しは、やっぱり機能重視でないと使いにくい!という事で、
区切って区切って、物のしまい場所を全部決めてしまいました。

血液型でタイプ分けするのはナンセンスだということは承知ですが
O型の収納は「システマチックに」が向いているそうです。
少なくとも私にはそうかもしれないです。
収納自体、向いていないということは置いておいて^^;
ナチュラル系ハンドメイドを楽しんでいる身としては
システマチックな収納はそれほど魅力を感じないといいますか、
どうも色気がないなぁ、などと思ってしまうのですが、
そんなことを言ってたらなかなか片付かない、もしくは
きれいな状態が維持できないですし・・・

でもよく考えると「道具」は使いやすいものを、使いやすいところにあるというのが
作業をスムーズにしてくれて、結果良い作品につながるのですよね。
ここはシステマチック収納でいいのかも。

今はとりあえずかなり使いやすい状態です。

b0124385_1354319.jpg
[PR]
by small_space_style | 2008-07-17 01:36